有明海の赤潮・海況情報



赤潮情報

赤潮情報は、福岡県水産海洋技術センター有明海研究所、佐賀県有明水産振興センター、長崎県総合水産試験場、熊本県水産研究センターが発生を確認した赤潮について、 西海区水産研究所 有明海・八代海漁場環境研究センターが取りまとめた情報を掲載しています。


平成20年度
第1報(平成20年10月10日)
第2報(平成20年10月14日)
第3報(平成21年1月9日)
 
平成16〜19年度の情報


海況情報

海況情報は、福岡県水産海洋技術センター有明海研究所、佐賀県有明水産振興センター、長崎県総合水産試験場、熊本県水産研究センターが毎週1〜2回の頻度で観測した水温、比重、栄養塩DIN、プランクトン沈殿量の4項目について、西海区水産研究所 有明海・八代海漁場環境研究センターが取りまとめた値を掲載しています。


水温
(℃)
水温23℃以上になるとノリの生育に影響が出るといわれています。そこで、23℃以上を赤と暫定的に色づけして水温の状況を図示しています。
比重
(δ15)
比重が下がる(塩分濃度が低くなる)とノリの生育に影響が出るといわれています。そこで、15.0未満を赤と暫定的に色づけして比重の状況を図示しています。
栄養塩DIN
(μg-at/L)
ノリの生育にとって良好な栄養塩の値は、溶存態窒素(DIN)の値が7.0以上(マイクログラム・アトム/リッター)といわれています。そこで、7.0以上を緑、7.0〜3.5を黄、3.5未満を赤と暫定的に色づけして栄養塩の状況を図示しています。
プランクトン沈澱量
(ml/100L)
プランクトンの発生状況の目安となります。珪藻類の発生が多いと、ノリの生育に影響が出ます。そこで、1.0以上を赤と暫定的に色づけしてプランクトン沈澱量の状況を図示しています。


平成21年度
第1報 (10月23日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第2報 (10月30日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第3報 (11月 6日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第4報 (11月13日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第5報 (11月20日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第6報 (11月26日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第7報 (12月 7日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第8報 (12月11日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第9報 (12月18日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第10報(12月25日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第11報 (欠 番)
第12報(1月 8日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第13報(1月 18日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第14報(1月 22日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第15報(1月 29日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第16報(2月 5日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第17報(2月12日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第18報(2月19日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第19報(2月25日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第20報(3月5日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第21報(3月12日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第22報(3月23日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
第23報(3月26日) 【水温】 【比重】 【栄養塩DIN】 【プランクトン沈澱量】
平成15〜20年度の情報